完全放電後にバッテリーが充電できなくなった

まれに、ノートブックPCのバッテリーが完全放電してしまい、通常に起動した状態では充電ができなくなることがあります。

ThinkPadの省電力マネージャのバッテリー画面例をご覧ください。

lenovo_x200_0percent

画面右の充電完了時間の文章「バッテリーは完全に放電してしまったため充電する必要があります。充電の完了まで10時間以上かかることがあります。」とありますが、待っていてもバッテリー残量は0%のままいっこうに進む気配がありません。一方、バッテリーが本当に使えなくなっているわけではないのは、画面左下の1-メインバッテリー 状態が「良好」と判断されていることからも明らかです。

このように完全放電が原因で充電がうまくできなくなった場合は、電源を完全にオフにした状態でACアダプターをつなぎ8~10時間以上充電を試みる(ディープサイクル)という作業を行っていただく必要があります。

ディープサイクルおよびバッテリーの正しい使用法については、以下のページも併せて御覧ください。

  1. Li-ion バッテリーの正しい使用方法は?